ニュース

機器鋼構造は、通常、以下の分野で特別な要件またはより高い要件の対象となります:



構造部品:材料、表面粗さ、許容差、表面処理、真直度(またはラジアン)

接続:穴のずれ、ボルトの等級。 溶接方法、溶接基準、溶接消耗品。 非破壊検査に必要な気密性、液体浸透試験

全体の構造:垂直度、レベルなど

包装材:包装材、包装方法

保管:周囲温度、周囲湿度

輸送:積み下ろし、車内に置かれ、コンテナ内に置かれるなど。

上一条: 鉄骨構造

次条: 無